脚のトレーニング!自宅で簡単にできる脚の筋トレTOP5

脚トレのメリット

大腿四頭筋ハムストリングス大殿筋などで構成される、脚は体の筋肉の7割を占めているとも言われ、非常に大きな筋肉で、鍛えることで代謝アップ、キレイですらっとした脚、がっちりした脚が期待できます。

プリっとしたお尻を手に入れて、ビーチやプールに行きたいですよね。今回は脚のトレーニングの中でも自宅で簡単にできる運動、自重トレ―ニングを5つご紹介します。

1.スクワット

スクワットは、脚の自重トレーニングの中でも王道といえるでしょう。プロのボディビルダーから筋トレ初心者まで幅広いトレーニーに愛されている運動です。ターゲットはコンパウンド種目といって、大腿四頭筋ハムストリングス、カーフ、大殿筋の全てを使う運動です。

自宅で行う場合は、滑って転ばないように、安全に気を付けて行いましょう。まずは20回×3セットを目標にがんばりましょう。詳しいやり方は以下の動画を参考にしてください。

2.ランジ

photo bykin.mobi

ランジは一見すると、全くきつそうに見えませんが、実際にやってみるとかなりきつい種目です。腰をしっかり落として、膝がつま先よりも前にいかないようにしましょう。

あまり前に体重をかけすぎると膝を傷めてしまうので、左右の脚を均等に使いながら行ってください。広いリビングでやる場合は前に歩くランジ、限られたスペースで行う場合は、その場で脚を交互に前に出すランジをやってみましょう。

以下の動画を参考にしてみてください。

3.ドンキーキック

お尻に効かせるトレーニングです。床が堅い場合はマットをしいて行うとやりやすいです。まず、手を床におき、四つん這いになります。

その後、片足を後ろにお尻の筋肉をつかって引きあげます。バランスを崩さないように注意して、片足ずつ15回×3セットを目指して行ってみましょう。

スポンサーリンク

4.カーフレイズ

少し段差のある場所でやるといいでしょう、バランスを崩して転倒しないように気を付けてくださいね。詳しくは下の動画を参考にしてください。

5.ブルガリアンスクワット

photo byalicey.jp

片足を、椅子など、高いところにおいて行う運動です。椅子においている方の足と反対の足を下げていきます。このときに、膝が前にいきすぎないように、つま先とかかとに均等に力をかけましょう。

主にハムストリングス大腿四頭筋に効く筋トレです。片足ずつ15×3セットを目標に行いましょう。詳しくは下の動画を参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。脚は体の7割を占めると言われるほど大きい筋肉です。メリハリのある脚と尻を手に入れたいですよね!大きい筋肉の部位なので、代謝アップも期待できます。鍛える場所を意識しながら、脚の筋肉に効かせて、スタイルの良い脚を手にいれてください!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す