筋トレ初心者向け自宅用ダンベルおすすめランキングTOP5

ダンベルで腕を鍛える女性

ダンベルを自宅で使う理由

雨の日でなんとなくジムに行くのが面倒、仕事や学校から帰ってきたらジムの営業時間が終わっていた、初心者でまずは自宅で鍛えたいときなど、自宅にダンベルがあると非常に便利ですよね。

ダンベルセットが1つ家にあれば万全です。中でもオススメのダンベルをランキング形式で紹介します。

ダンベルのおすすめメーカー

おすすめのメーカーはIROTEC(アイロテック)、ファイティングロード、ワイルドフィット、eSPORTS(イースポーツ)などです。それぞれの特徴をまとめたのがこちらです。

それぞれのメーカーの特徴

IROTEC

ラバーは外周を覆っていて、60kgセットまで販売しています。

ファイティングロード

ラバーは外周を覆っていて60kgセットまで販売しています。安いです。

ワイルドフィット

ラバーは外周を覆っているものと全て覆っているものがあります。こちらも60kgセットまであります。ラバーが白で覆われているのは珍しいです。

eSPORTS

錆びないアーミーダンベルというものを販売しています。

ダンベルは可変式がおすすめ 安いものもアリ

可変式ダンベルとは、シャフトに差し込むプレートを自由に変えることで重さを調節することができるダンベルのことをいいます。

自宅など、ジムと違って広いスペースがとれない場合は可変式ダンベルは非常に重宝します。

ダンベルのおすすめの重さは?女性向けは?

可変式ダンベルは20kgセットから60kgセットまでで販売されていることが多いです。初心者は特に「はじめてだし一番軽い重量から…」と考えてしまうこともありますが、できるだけ60kgセットを購入することをおすすめします。

可変式ダンベルの構成(一般的な例)

セット重量 シャフト 1.25kg 2.5kg 5kg
20kg 2本 4枚 4枚
30kg 2本 4枚 8枚
40kg 2本 4枚 4枚 4枚
50kg 2本 4枚 8枚 4枚
60kg 2本 4枚 4枚 8枚

ダンベルでスクワットをする女性

初心者でも予算の許す限り60kgセットをおすすめします。なぜなら、よく初心者が思い浮かべるダンベルのトレーニングは二の腕をまげて上腕二頭筋を鍛えるダンベルカールなどですが、実際にはスクワットやデッドリフトなど筋トレをはじめてからすぐ60kgを扱えるような種目もあります。

ダンベルは60kgがおすすめ 2chの評価

Q. 60㎏って重すぎませんか?
A. 重すぎません。 初心者はダンベルのトレーニングといえばアームカール(腕でダンベルを上げ下ろしして上腕二頭筋、いわゆる力こぶを鍛える種目)が思い浮かぶかも知れませんが、ダンベルを使ったトレーニングには様々な種目があり、腕だけではなく様々な部位を鍛えることが出来ます。

特にベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種目では、高重量を扱うことが出来るため、初心者でも1年ほどで60㎏でも負荷が足りなくなることもあります。片方30kg両方の合計が60kgのダンベルがあれば、当分はそれだけでトレーニングできます。(金銭的に厳しくても最低合計40kgは買いましょう。)

https://hayabusa6.5ch.net/test/read.cgi/muscle/1476863801/

そんなに予算がない、という方は40kgセットを購入しましょう。その理由は5kgプレートがついてくるからです。5kgプレートは重さの調整がしやすく重宝します。

女性もスクワットやデッドリフトをやるとお尻や脚を鍛えやすいことから、余裕があれば60kgセットをおすすめします。それでも不安な方は40kgセットを購入しましょう。

ダンベルはAmazonで買うのがおすすめ

ダンベルを購入するならアマゾンで購入することをおすすめします。送料無料の地域もあり、おすすめです。別の商品と同時に注文することができるのも便利ですよね。

ダンベルおすすめランキングTOP5

ダンベルのおすすめをランキング形式で紹介します。どれもAmazonで購入できるので安心です。

1位 IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 60KGセット (片手30KG×2個)

3つのおすすめポイント

  • Amazonで高評価
  • ラバーつきで床を傷つけない
  • 握りやすい持ち手

オススメの理由

赤いラバーでおなじみのアイロテックのダンベルセットです。メーカーはスーパースポーツカンパニーという名前ですが、ダンベルのブランドはIROTEC(アイロテック)です。かなり厚手のラバーがついているので、安全性が高く、また床を傷つけないのでキズ対策もOKです。

重さを変えられる、可変式のダンベルを初めて買いたい、はずれをひきたくないという方はこのアイロテックの60kgセットを購入されることをオススメします。女性なら2番目にご紹介する40kgセットをオススメします。

ラバーがつけづらいという評価もありますが、実際には簡単に装着することができます。

2位 IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

3つのおすすめポイント

  • 女性におすすめ
  • 60kgが不安なら40kgセット
  • 赤いラバーで床を傷つけない

オススメの理由

初心者や女性の方にはこちらの40kgセットをオススメします。手軽な運動に最適で、値段もお手頃な価格です。

もちろん、細かく重さを調整できる可変式のダンベルですし、こちらもしっかりとラバーがついているので安心して使うことができるでしょう。

3位 WILD FIT(ワイルドフィット)ダンベルセット 白ラバー60kg スプリング付

3つのおすすめポイント

  • 白ラバーでインテリアとの相性が良い
  • ラバーが白いので着色しにくい
  • スプリング付きで、ストレスなくトレーニングできる

オススメの理由

WILD FITのダンベルは白色のラバーが特徴の、人気ブランドです。実はラバーの色は赤、黒もあり、着せ替えしても楽しいかもしれないですね。

こちらは比較的、シャフトが長いので、60kgまで楽にプレートをつけることができます。もちろんこちらも可変式ダンベルです。

赤いラバーも着色はしにくいですが、それでも気になる方はこちらの白ラバーのダンベルを購入されることをおすすめします。

通常は可変式ダンベルはスクリューネジがついていることで、安全にしっかりとプレートを固定したり、プレートの重さを変えることができるのですが、プレートの変える頻度が多くなってくるとどうしてもスクリューねじを変えることが面倒になってきます。

そのようなときにスプリングもワイルドフィットのダンベルにはついているので、手軽にプレートを固定することができるのでストレスレスでトレーニングを続けることができます。

スポンサーリンク

4位 ファイティングロード ダンベル ラバータイプ60kgセット

3つのおすすめポイント

  • 安くてコスパに優れている
  • 安心のファイティングロードブランド
  • スプリング付きで、ストレスなくトレーニングできる

オススメの理由

ファイティングロードブランドのこちらのダンベルは、アイロテック社と同じく赤色のラバーが特徴です。オススメポイントはその安さです。

ラバーがやや薄いですが、重さが同じならとにかく安いダンベルがいい!コスパに優れたダンベルが良い!という方にはこちらをおすすめします。

他のダンベルと比べて非常に安く、入門モデルとして最適です。60kgのセットでも驚きの安さです。品質も有名ブランドなので安心できるでしょう。

5位 アーミーダンベル 20kg ×2個 セット 40kgセット

3つのおすすめポイント

  • 膝にダンベルをのせても痛くない
  • 金属ではないので錆びない
  • 握りやすく、重厚なデザインでカラーも豊富

オススメの理由

アーミーダンベルのメリットは、膝にのせたときに、シャフトが膝に刺さらないことです。

細かい重さの調整は難しいですが、ジムのダンベルと異なりシャフトが膝にあたったり、つきでていて嫌だな、、、と思う人もいるのではないでしょうか。

そのような悩みを抱えている方はぜひアーミーダンベルを購入されてみてください。外側が金属ではなく、ポリエチレン素材なので冬でも冷たくならずに筋トレに集中できます。

パワーブロックとは?高級可変式ダンベル

おすすめランキング以外にも、より高性能のダンベルを紹介します。パワーブロックは高額ですが、重さを一瞬で調整することができるうえに、スペースをとらないため自宅にあると便利な非常に高性能なダンベルです。

可変式ブロックダンベル90ポンド(41Kg)2個セット◆シャフト抜き差しでワンタッチ調整◆

3つのおすすめポイント

  • パワーブロックといえばこれ
  • 一発で重さをかえることができる
  • 片手で最大41kgまであり

オススメの理由

おすすめランキングに掲載した可変式ダンベルは価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。実際に自宅でダンベルを購入する分には十分すぎる性能なのですが、こちらのパワーブロックはさらに高性能です。

これ1つで重さを自由自在に変えることができ、さらに最大片方で41キロまで調整することができます。インターバルをきっちり計ってとりたい人やスクリューねじでいちいちプレートをかえたりするのが面倒な人にはこちらをおすすめします。

ダンベル 41kg * 2 個 セット ワンタッチ 可変式ダンベル

3つのおすすめポイント

  • 黒が貴重のカッコいいデザイン
  • 重さをすぐかえることができてストレスレス
  • 片手で最大41kgまであり

オススメの理由

こちらも41kgまで片手で扱っていて、効率的に重さを変えることができるのでトレーニングが非常にはかどります。

デザインが黒を基調としていてカッコいいので室内においてあってもインテリアとマッチしやすくおすすめです。

【FIXIT】高速可変式 ダンベル FAST SWITCH 20kg

3つのおすすめポイント

  • Amazonプライムに対応
  • より洗練された最新のデザイン
  • 2kg刻みで調整することができる

オススメの理由

20kgまでしか重さがないですが、他のパワーブロックよりも安価で購入することができ、Amazonプライムにも対応しています。

発売されたのが比較的新しくデザインがより洗練されているので重さがそこまでなくても良いという人にはこちらをおすすめします。

Motions式アジャスタブルダンベル可変式

Motions可変式ダンベル

3つのおすすめポイント

  • わずか2秒で重さを調節
  • 5キロから40キロまで対応
  • 今ならトレーニンググローブ付き+送料無料

オススメの理由

2秒で重さを変えることができるというのが最大のポイントです。セット中に無駄なインターバルをとる必要がなくなるアイテムですね。

こちらはAmazonではなく、通販になりますが送料が無料でAmazonプライムと差がないです。

可変式ダンベルの中でもかなりカッコよくデザインが良いので人気です。パワーブロックよりは安価なので、比較的安価かつすぐ重さを切り替えることができるダンベルが欲しいという方にはこちらをオススメします。

Motions式アジャスタブルダンベルの
購入はこちら

まとめ

ダンベルを選ぶ際には主には①ラバーがついているか、②重さを変えられる可変式ダンベルか、③扱う範囲の重さがあるかの3点に注意して選ぶようにしましょう。

重さを変えることができるダンベルの方が、運動のバリュエーションが圧倒的に増えますし、コンパクトに家に置けますよ。

是非この機会に自宅にもダンベルを購入してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

ダンベルで筋トレをする男性
ダンベルを買ってみたはいいものの、どんなトレーニングをすればいいのか分からない、ジムのフリーウエイトエリアでダンベルを使ってトレーニングをしたいけどどうすればいいのか分から
腕の筋肉が発達している男性
腕を鍛えるためには?男性女性問わず自宅でもジムでも行える種目を紹介します。男性はたくましく大きい腕を、女性は細く引き締まった腕を目指して頑張りましょう。 筋トレデータベー
大胸筋を鍛える男性
大胸筋を鍛えるためには?男性女性問わず自宅でもジムでも行える種目を紹介します。大胸筋は三つの部位に分かれており、各部位で鍛え方に差が出てきます。目的に合った鍛え方で男性も女

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す