デッドリフトで300kg挙げた大学生ユーテツのコツ・フォーム・方法とは?

デッドリフトノーギアで250kgを挙げるユーテツ

先日カネキンさん主催のデッドリフト更新会でノーギアナロー300kgの挙上に成功した大学生のユーテツさんに高重量デッドリフトの秘訣・コツ・フォーム・ウォーミングアップ・道具・サプリメントについて直接伺いました。パワーリフティング日本記録の更新に向けて絶好調です。

スポンサーリンク

ユーテツとは?

初めましてユーテツです。今日はデッドリフトをMAXまで挑戦します。デッドリフトのコツや自分が思っていることを話したいと思います。よろしくお願いいたします。

ユーテツの上腕二頭筋と上腕三頭筋を強調するポージング

デッドリフトのウォーミングアップの方法

最初に20kgプレートが付いている状態で60kgです。この状態でウェイトリフティングのクリーンのような形で肩まで上げる動作でアップをします。体を温めると同時に重りがまっすぐ上がっていく感覚を確かめます。

デッドリフトのウォーミングアップを行うユーテツ

デッドリフトの重量

基本は20kgプレートを1枚ずつ付けていって、少しづつ重くしていきます。デッドリフトの重量を上げるためには、やはり重い重量を扱うことが重要だと思います。軽い重量で追い込むということはせずに、レップ数を少なく高重量を扱います。

デッドリフトの道具であるバーベルシャフトとプレート

デッドリフトのグリップの方法

グリップですが、あまりにも握り込みすぎると肩に左右差が出て腰痛める原因になるので、引っ掛けて肩を真っ直ぐにするのが重要です。握り込むのではなくて、軽く引っ掛けるようにして固めるイメージで持ちます。

デッドリフトのグリップを正しく行うユーテツ

スポンサーリンク

デッドリフトの呼吸法

体のコアを作ることが大事だと思います。呼吸を用いてお腹の下にグッと力を入れて、自分で空気の層を作る・コルセットを作っているイメージで腰回りを固めます。これが重要です。

デッドリフトで140kgを挙げようとするユーテツ

デッドリフトの筋肉の使い方

コアができたら足と背中を連動させるイメージを持ちます。どちらかではなくて両方ちゃんと連動して動かします。あまり細かい筋肉は意識せずに、大きい筋肉を意識します。

デッドリフトのメインセット

  • 180kg 3reps
  • 220kg 2reps
  • 240kg 1rep

実際にメインセットに入ります。重量をバーベルの両側に1プレート(20kg)ずつ追加していきます。低レップで高重量を扱います。

チューブを用いたデッドリフト

チューブを用いたデッドリフトで280kgを挙げようと歯を食いしばるユーテツ

チューブを用いたデッドリフトで280kgを挙げたユーテツ

  • 280kg 1rep

デッドリフトの重量がある程度までいったら、チューブを使ったデッドリフトに移ります。チューブを行うことで2つのメリットがあります。

スポンサーリンク

重い重量を扱える

自分のデッドリフトはタイプとして、上がらない時は床から1cmも浮かないというタイプです。しかし、膝のところまで上がれば挙げきれるタイプです。なので、チューブを使ってやれば280kgしか上がらない日でも300kgなどの重い重量を扱うことができます。

刺激を変えることができる

もう1つは、チューブで簡単に上がるので、最後返しきる時はチューブに力がかかっていない重いところになるので、返しきるところの練習という意味があります。

デッドリフトで使用する道具

自分が使っている道具を紹介します。

デッドリフトに必要な道具を紹介するユーテツ

ユーテツおすすめのシューズ

まずシューズは、靴底が薄く甲の部分が硬い方が踏ん張れると思います。adnidaosの「adipure trainer 360」を使用しています。

ユーテツおすすめのチューブ

チューブはスポーツショップのスーパースポーツゼビオで買いましたが2,000円で2本作れます。半分に切って、100均の留め具を付けて使用しています。チューブは色々と便利なのでおすすめです。 「D&M セラチューブ シルバー」を使用しています。

ユーテツおすすめのベルト

ベルトは高重量を扱う人は厚くて硬いものを使うと良いと思います。タイタンのベルトを使用しています。

ユーテツおすすめのパワーグリップ

パワーグリップはゴム素材の方が滑らなくて良いと思います。ゴールドジムのパワーグリップを使用しています。

ユーテツおすすめのタイガーテール

タイガーテールはデッドリフトをやる前にストレッチで体をほぐして使っています。

ユーテツおすすめのサプリメント

イントラワークアウトドリンク

トレーニング中(イントラ)にはBCAAと粉飴を混ぜて飲んでいます。だいたい1リットルくらいをトレーニング中に飲みきるようにしています。

BCAA

BCAAはマイプロテインのBitter Lemon味を使用しています。
ユーテツおすすめのマイプロテインのBCAA
ユーテツおすすめのマイプロテインのBCAA

粉飴

粉飴はマイプロテインのマルトデキストリンを使用しています。

ユーテツおすすめのマイプロテインのマルトデキストリン
ユーテツおすすめのマイプロテインの粉飴(マルトデキストリン)

プロテイン

プロテインはトレーニング直後はDNSのホエイペプチドを使っています。

ユーテツおすすめの滑り止めチョーク

滑り止めチョークも使っています。

ユーテツおすすめのアンモニア

アンモニアは気合が入らない時に匂いを嗅いで気持ちを高ぶらせるために使っています。

まとめ

今日はデットリフトをやりましたが、まとめとしては、とにかく重い重量を扱うことが重要です。また、あまり考えすぎずに上げることに集中して挑戦して高重量を使っていくのが良いです。

10月14日に東京パワーリフティング大会がある。そこに初出場します。デッドリフトの自己ベストである300kgを目標としています。時間がある方は是非見に来ていただければと思います。頑張ります!

YouTubeの概要欄にTwitterYouTubeのリンクを貼っているので良かったら登録して下さい。

Muscle Holdingsの記事は面白い記事が多いので、是非読んでみて下さい。

最後に、トップサイドデッドリフトで重い重量を扱うのも良いと思いますが、自分は床引きのデッドリフトが大好きです。男なら床から重い重量を引くのがロマンだと思います。皆さん、重い重量をどんどん扱ってデットリフトを楽しんでいきましょう!

上腕二頭筋と上腕三頭筋が強調されたポージングをするユーテツ

ユーテツのTwitterとInstagramとYouTube

Twitter(ツイッター)デッドリフトノーギアナロー300kgの動画

Instagram(インスタグラム)デッドリフトノーギアナロー300kgの動画

ユーテツのYouTube

ユーテツの経歴

高校まで剣道競技を行い、大学入学後筋力トレーニングを開始。18歳で初エントリーのボディビルusbb japan Jr.で2位、20歳でJBBF東京Jr.5位入賞。また大学内に100人規模となるフィットネスサークルを立ち上げ、YouTube動画再生は10万回を突破。2017年デッドリフトノーギア300kgを挙げた勢いで、満を持して東京パワーリフティング83キロ級参戦予定。

Twitter / Instagram / YouTube / マイプロテイン

デッドリフトに必要な道具であるプレートに手を付きポージングを行うユーテツ

撮影協力:玉川大学

スポンサーリンク

この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

マッスルマニアクラシックプロのケビンさんに上腕三頭筋のトレーニングの秘訣と詳細について直接伺いました。ケビンさんは普段4分割トレーニングを行っていますが今回はその中の1日、
ワンハンドローイングのフォーム、コツ、効果についてまとめていきます。広がり、厚みが求められる背中の種目の中でも少しのコツで今まで以上の刺激を感じることができる奥深い種目です
TASKとは?身長と体重は? フィジーク部門の大会に出るようになったのは昨年の5月から。NPCJのブレイズオープン(BLAZE OPEN)から出た。以前から体は鍛えていたが、

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す