ミスターオリンピア2017の結果と獲得賞金 フィルヒースはなんと4400万円

ミスターオリンピア2017の結果まとめです。このページではミスターオリンピア、メンズフィジーク、クラシックフィジーク、212の4つの男性部門の結果と賞金額についてのまとめ・解説をお届けします。栄えあるミスターオリンピア2017は誰の手に渡ったのでしょうか。

Contents

ミスターオリンピア / Mr. Olympia 2017

1位 フィルヒース / Phil Heath $400,000

2位 ビッグラミー / Big Ramy $150,000

3位 ウィリアムボナック / William Bonac $100,000

4位 デキスタージャクソン / Dexter Jackson $55,000

5位 ショーンローデン / Shawn Rhoden $45,000

6位 ローリーウィンクラー / Roelly Winklaar $35,000

7位 ネイサンデアーシャ / Nathan De Asha $25,000

8位 ブランドンカリー / Brandon Curry $20,000

9位 ジョッシュレナトウィクス / Josh Lenartowicz $19,000

10位 セドリックマクミラン / Cedric McMillan

スポンサーリンク

フィルヒースが7連覇!賞金はなんと4400万円!

1位 フィルヒース / Phil Heath $400,000

2017年9月18日現在、1ドルは111円のため、約4400万円の賞金をフィルヒースは手にしていることになります。ビッグラミーは約1650万円の賞金を獲得しました。

フィルヒースは7連覇を果たしたことで、アーノルドシュワルツネッガーと優勝回数で並ぶことになりました。8連覇をしているのはリーヘイニーとロニーコールマンで、来年はその記録がかかることになります。ラスベガスの最高の舞台で37歳の彼は大記録を更新しました。

LeOさん(@leith_leo94)がシェアした投稿

フィルヒースとデッドヒートを繰り広げたのは、エジプトの巨人ビッグラミーです。33歳の彼は毎年順位をあげてきて、今年はかなりの接戦を繰り広げました。

メンズフィジーク / Men’s Physique

1位 ジェレミーブエンディア / Jeremy Buendia

2位 アンドレファーガソン / Andre Ferguson

3位 ブランドンヘンドリクソン / Brandon Hendrickson

4位 レイモントエドモンズ / Raymont Edmonds

5位 ジェレミーポトヴィン / Jeremy Potvin

6位 ライアンテリー / Ryan Terry

スポンサーリンク

ジェレミーブエンディアが4連覇!

1位 ジェレミーブエンディア / Jeremy Buendia

ジェレミーブエンディアが4連覇を果たしました。メンズフィジークはまだ5年の歴史しかないのでジェレミーブエンディアがどこまで記録をのばせるかは今後の歴史に残る偉業になります。

ジェレミーブエンディアのミスターオリンピア2017ポージングルーティン

2位 アンドレファーガソン / Andre Ferguson

順位を大きく上げたのはアンドレファーガソンです。前回2位のライアンテリーを抑えてアンドレファーガソンが2位になりました。

5位 ジェレミーポトヴィン / Jeremy Potvin

順位を2つ落としてしまったのはジェレミーポトヴィンです。去年は3位でしたが、アーノルドクラシック同様3位より高い順位を獲得することはできませんでした。

6位 ライアンテリー / Ryan Terry

順位を大きく落としてしまったのはライアンテリーです。アーノルドクラシックでは優勝をしており、去年は1ポイント差でジェレミーブエンディアにせまっていたのでデッドヒートをジェレミーと繰り広げることを予想していた人も多かったのではないでしょうか。

※メンズフィジークについては実際の賞金が公表されていません。ご存知の方がいらっしゃれば、情報をお待ちしております。

クラシックフィジーク / Classic Physique

1位 ブリオンアンズリー / Breon Ansley $20,000

2位 クリスバムステッド / Chris Bumstead $8,000

3位 ジョージピーターソン / George Peterson $4,000

4位 アラシュラーバー / Arash Rahbar $2,000

5位 ダニーへスター / Danny Hester $1,000

6位 テレンスラフィン / Terrence Ruffin

スポンサーリンク

クラシックフィジーク新チャンピオンはブリオンアンズリー

1位 ブリオンアンズリー / Breon Ansley $20,000

去年から新設されたクラシックフィジークの新チャンピオンはブリオンアンズリーです。新チャンピオンを抑えて堂々の1位になりました。完璧な仕上がりでした。新設で参加者がまだ少ないこともあって、賞金額は約220万円とミスターオリンピアのタイトルに比べては少額ですが年々参加者が増えてレベルが上がるにつれて賞金額も上がるでしょう。

5位 ダニーへスター / Danny Hester $1,000

去年の初代ミスターオリンピアクラシックフィジークチャンピオンであるダニーへスターは5位に順位を落としてしまいました。ウエストが少し太かったことも原因かもしれません。

サディックハゾヴィックは7位とふるわず

7位 サディックハゾビック / Sadik Hadzovic

去年3位のサディックは大きく順位を落として、7位に終わりました。

212 / Olympia Men’s 212

1位 フレックスルイス / Flex Lewis $40,000

2位 アマドアシュカナーニ / Ahmad Ashkanani $22,000

3位 ホセレイモンド / Jose Raymond $10,000

4位 デイビッドヘンリー / David Henry $5,000

5位 デレックランスフォード / Derek Lunsford $3,000

フレックスルイスが6連覇!

1位 フレックスルイス / Flex Lewis $40,000

フレックスルイスは6連覇を果たし、約440万円の賞金を手にすることになりました。直前の調整に苦労してからの優勝で、非常に安定感がありました。

スポンサーリンク

まとめ

フィルヒースが7連覇、ジェレミーブエンディアが4連覇、フレックスルイスが6連覇、クラシックフィジークはブリオンアンズリーという新チャンピオンが登場という結果にミスターオリンピア2017はなりました。優勝おめでとうございます。2018年のミスターオリンピアへの戦いはすでにはじまっています。来年はどんな結果になるのでしょうか。


この記事を読んだ人におすすめの記事

アメリカ・ラスベガスで行われる、世界最高峰のボディビルディング大会、ミスターオリンピア2017についての記事です。ミスターオリンピア、212、クラシックフィジーク、メンズフ
2017年の8月~12月に日本で開催される主要なベストボディ、フィジーク、ボディビル、フィットネス、ビキニなどの大会の開催日程をまとめました。それに合わせて連盟や部門の違い
2017年7月30日に開催された、第4回オールジャパンメンズフィジーク選手権大会の結果速報をまとめました。身長別に加えて、年齢別の細分化もされている日本最高峰のフィジーク大

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す